shotabi 世界一周しますよ

あっち行ったりこっち行ったりするよ

アジア最後の秘境ハンピで岩登り

 

 

 

ハンピに到着 

泊まる宿は「カラヤンゲストハウス」

なんとこんなところにも日本人宿

世界中どこにでもありますねー

特にインドは多い気がする

 

 

宿まで歩いていると楽器を鳴らして歌を歌って歩く少年少女たちを発見

f:id:daitoshota0712:20170921063037j:plain

今日は8月15日

この日は日本では終戦記念日

ここインドでも今日がインディペンデンスデイで祝日らしい

街をあげてのお祭りなんだとか。

 

どこの国でも子供が練り歩いてワイワイガヤガヤするのはなんだか町が明るくなったような感じがするのは僕だけでしょうか。

 

 

そして10分ほど歩いて宿に到着

 

ここで中国はチベットを共に旅した「アイちゃん」と再会した 

shoutabi.hatenadiary.jp

 

実はインスタグラムでリアルタイム投稿してるのですが、それを見たアイちゃんが「私もハンピ行くよーしかも同じ日に」と連絡くれたんです

 

ということで再会を果たしたわけです

 

 

宿の外に「どこ回ってたー」とか「一時帰国どうだったー」とか外で座って話しているとサル登場

f:id:daitoshota0712:20170921063047j:plain

いきなり俺の朝ごはんのお菓子盗んでいきやがった!

器用に封を開けるもんですね

こいつら盗みなれてるわ

 

ちなみにカラヤンゲストハウスは1泊100ルピー(200円)と激安。

もちろん人気宿で、1日目は満室で宿泊できず、2日目からのご利用なりー

 

 

のんびりしたのでアイちゃんとハンピ散策!ワクワク

 

巨石群見に行きますよー!ワクワク

 

というか街中にもすでに岩がゴロゴロ

f:id:daitoshota0712:20170921171816j:plain

f:id:daitoshota0712:20170924071750j:plain

 

 

街といってもものすごく小さい街ですが・・・

 

まずは山?岩?を登ります

f:id:daitoshota0712:20170921171953j:plain

 

そこら中、岩、岩、岩こんな場所見たことない

f:id:daitoshota0712:20170921172100j:plain

 

インド人も登っていたよ

f:id:daitoshota0712:20170921172154j:plain

 

このインド爺さんが本当にファンキーだった

f:id:daitoshota0712:20170921172344j:plain

 

そして登ること30分?くらい

 

 

絶景が待っていた

f:id:daitoshota0712:20170921172425j:plain

f:id:daitoshota0712:20170921172517j:plain

 

やばくない?

写真だと伝わらないかもだけど、大迫力、大パノラマ

息をのむとはこのことかと思ったほどだ

 

よーく見てると、

この岩たちは1つ1つのどでかい岩が、何らかの力によって砕かれて散らばっているんだと感じる

 

この岩とかほらっ!

f:id:daitoshota0712:20170921173049j:plain

なんとなくそんな感じがしないでもないでしょ?

 

世界には無数の不思議が詰まっているんだと再実感

 

 

 

ずっと岩に囲まれて見慣れてくるはずなのになぜかこの岩飽きない。

 

なぜか積み上げられている小さな石たち

f:id:daitoshota0712:20170921173635j:plain

 

こんな物でもなぜか神聖に感じてしまうのは大げさだろうか

 

 

 

ハンピには川もあり、そこを船で渡って向こうの村にも行ける

f:id:daitoshota0712:20170921173759j:plain

 

こっちの町はまるで違う街のようだった

目の前に広がるのは一面の田園。南国みたい

f:id:daitoshota0712:20170921173906j:plain

めっちゃいい天気でクソ暑かったのでレストランで4時間くらいゴロゴロ。(2時間くらい寝た)

 

 

夕方になりかけたので夕日でも見るかと向かいの町の山?岩?を登る

田園風景が広がる街だが、もちろん岩もめちゃくちゃある。

f:id:daitoshota0712:20170921173951j:plain

 

道に迷ってしまったが

何とか頂上に到着f:id:daitoshota0712:20170921174722j:plain

 

 よい見晴らしですな

ここから見る景色もまた格別

 

あんなほうまで岩

f:id:daitoshota0712:20170921174655j:plain

 

こんなとこにも岩

 

f:id:daitoshota0712:20170921174758j:plain

 

 

 

 

結局雨が降って曇っちゃって夕日は見れなかったけど

虹が見れたので結果オーライ

ハンピで虹見た人なんて少ないんじゃない?だからラッキー!

 

f:id:daitoshota0712:20170922024055j:plain

 

 

帰りは手漕ぎのボートで川を渡りましたよ!

f:id:daitoshota0712:20170924072708j:plain

この小僧がまた観光客慣れしてるから笑える 

f:id:daitoshota0712:20170924072025j:plain

 

 

 

結局ハンピには4泊5日もした。もっとゆっくりしたかったけど。

ちょうど夏休みだったから日本人たくさんいたし楽しかったー

f:id:daitoshota0712:20170924072216j:plain

ここのピザがうまくて2日連続通った

 

朝日も見に行ったけど天気悪くて見えず

f:id:daitoshota0712:20170924072122j:plain

 

岩の上で黄昏るサトーくん

f:id:daitoshota0712:20170924073049j:plain

 

朝日後の朝ごはんももちろんカレー

f:id:daitoshota0712:20170924072107j:plain

 

そしてハンピには暴走族もいるよ

f:id:daitoshota0712:20170924072131j:plain

 

天気の良くなかったハンピですが何しろ景色は最高、あつまったみんなも最高でインド一番の思い出になった。

 

この時点でインド滞在が3週間

本当はもう後3週間くらいかけてニューデリー方面に行こうと思ったけど、よくよく考えたら、インドにそんなに長居してたらあとの大陸がキツキツになってしまうことに気づく。

 

ので、このあとはハンピからムンバイに行きムンバイから飛行機に乗り

ついに「ヨーロッパヘ突入」することにした。

 

 

本当に名残惜しいインド

出会ったインド人もみんな良い人だったし、食べ物もおいしいし(99%カレーだけど)

結局本物のインドたるインドを見れずじまいになってしまったし

本当は他にもたくさん行きたいところがあった。

ガンジス河、アーグラ、ジャイサルメル、レイ、ダージリン、ほかにもたくさん。

そういう意味でも絶対また来たいと思った。インド。

 

 

 

 

次回はムンバイからヨーロッパのどこかへトビマストビマス!

 

 

古き都マイソールから巨石の街ハンピ

 

バンガロールからバスで4時間でマイソールへ到着する

 

 

もともとマイソールにはいく気はなかったけど、バンガロール宮殿調べてたら一緒にマイソール宮殿が出てきたから見てみた

そしたら「ライトアップが圧巻」

と書いてあって近いし行ってみるかと寄り道感覚で行ってみた。

 

 

 

ちなみにマイソールは「インドが独立するまでのマイソール王国の都」だったんだと

そしてマイソール宮殿はマハラジャの家」だっんだそうな

 

マハラジャつながりでバンガロール宮殿とマイソール宮殿は出てきたんだな

 

shoutabi.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

マイソール宮殿のライトアップは毎週日曜と祝日にやってるらしい。

 

夜になるのを待ち、さっそくマイソール宮殿へ

いやー

入り口から圧巻

タダで入れるよー f:id:daitoshota0712:20170920052053j:plain

 

脇役もきれい

f:id:daitoshota0712:20170920052204j:plain

 

 

メインディッシュのマイソール宮殿はもちろん最高

予想以上にでっかくてきれい

f:id:daitoshota0712:20170920052321j:plain

 

 

 

これは見に来てよかったわ

マイソール宮殿しか見てないけど

 

マイソールで一泊して次の日の夜行で今回のインド旅の目的地となった「ハンピ」へ

 

マイソールからハンピへは直接行くことはできない。

 

まずホスペットまで22時発の夜行バスで行き9時間くらいでホスペットのバス停に着き、そのままハンピ行きのローカルバスに乗り換える。という行き方。

 

 

移動の日は夜からまさかの超豪雨。

21時頃早めにバス停に行くとふくらはぎの下くらいまで一面水たまり。

サンダルはいといてよかった。

超豪雨にも関わらずバスは定刻に出発!

 

 

インドのイメージが乗り物は遅延するものだと思っていた

でも僕がインドに来てから2週間がたち、大きな移動が4回目になるがまだ一度も遅延したことがない。

改善されたのか、ただ運がいいだけなのかは不明

たぶん北?西?インド(デリー周辺)はそうでもないであろう

 

 

話がだいぶ逸れてしまった

 

 

ホスペットには朝7時過ぎに到着した

ハンピ行きのローカルバスは2ルートあるらしく、30分に1本くらいある

値段がほんの少し違うだけで着くところは同じ。

ホスペットからハンピまでは40分ほどで到着した

 

 

南インドの人たちはみんな親切なので聞いたら大体みんな優しく教えてくれる。

予定より早くバスが到着すると「あれに乗るといいよ!」とわざわざ呼びに来てくれる。

なんちゅう素敵な町なんだろうか

 

 

ホスペットーハンピ間のバスからの景色でもうすでにわくわくする

チベット以来の興奮

 

 

 

ということで何事もなくあっさりとハンピ到着

f:id:daitoshota0712:20170920054149j:plain

 

 

 

では次回は「アジア最後の秘境ハンピ」特集

 

www.rakuten.co.jp

南インドのIT都市バンガロールはインドじゃない

 

 

プリーから電車で25時間かかり、バンガロール

半分くらい寝てるから意外と早い。

電車の中では朝昼晩とご飯が付く。

もちろん3食カレー

さすがインド

 

昼間、椅子に座っていると家族が話しかけてくる。

 

どこの国? 日本です

どこ行くの? バンガロールです。そのあとハンピ行きます

バンガロールには仕事なの? 旅行です

へ~ハンピいいとこだよ そうなんですね楽しみです

 

 

そんなたわいもない会話が繰り広げられる。

 

 

そんなこんなでバンガロール到着。

 

 

めっちゃ都会

こんな建物がずらりと並んでいる

インドじゃないみたい

f:id:daitoshota0712:20170919191004j:plain

 

こんな都会にもロバはいる

牛でも犬でもなくロバがいる

f:id:daitoshota0712:20170919191045j:plain

 

 

調べてみたけどバンガロールには観光地はほぼない。

さすがIT都市といわれるだけある

日本の企業もたくさんあって出張しに来ている人もたくさんいるんだとか

 

 

観光地として唯一あるのバンガロール宮殿」

とりあえずそこに行ってみる

 

期待してなかったけど見た目に結構圧倒された

f:id:daitoshota0712:20170919191357j:plain

ここバンガロール宮殿は19世紀にマハラジャによって建設されたインドでは珍しい木造建築物らしい。

 

写真撮るのは有料らしく、撮ってたら中でチケット買ってからにしろと怒られた

ので中に入ってみる

入場料のほかに「写真撮る料」も取られる

入場料もまあまあ高いけど、写真料はもっと高い

なので写真撮りませんと言って入る

 

隠し撮りした写真たち

 

 

f:id:daitoshota0712:20170919192128j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170919192424j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170919192239j:plain

 

これがすべて木造なんだから素敵

雰囲気が素敵

さすがイギリスの文化が入っているだけあって壁や天井やいろんなところに欧米の様式があって見ていて楽しくなってくるから素敵

 

 

 

 

バンガロールは標高900mくらいのところにあるため、8月に行ったけどめっちゃ涼しくて過ごしやすい、夜は寒いくらいだった。

そして街でありながら自然も多くて歩いて気持ちがいい

f:id:daitoshota0712:20170919194355j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170919194459j:plain

 

 

それなのにあちこちに寺院もあるから不思議な感覚

f:id:daitoshota0712:20170919194619j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170919194639j:plain

 

 

 

 

バンガロールからマイソールまではバスで4時間

ハンピまで8時間程で行ける

 

 

なのでまずはマイソールまで行って「マイソール宮殿」のライトアップを見てからハンピに行くことにする。

 

 

 

ということで次はマイソールへ

 

 

 

 

 

 

悩んだ挙句のプリーを選択したのだが・・・

 

 

コルカタからの王道ルートはバラナシを通ってニューデリー方面に行くルートで、東から西へ行くルート

僕もそこを通って行こうと考えていた。

 

しかし、「ハンピ」という場所がインドの中で一番良かったと聞き、めちゃくちゃ興味を持ってしまった。

しかしハンピは南にある。

 

そしてついでに思い出したのが、フィリピンで会った男性に「プリーよかったよ」と聞いたのを思い出した。

 

ということで、王道ルートからは外れ、コルカタから南下していくことにしたのだが。。。

 

 

 

インド初の寝台列車でプリーまで行く

朝方の車窓からの風景は自然が多くて眺めは最高にいい。フリー席はごった返しているけど、寝台席は思ってたのと違ってみんな落ち着いている。

 

しかし部屋中が便所くさい。

走っているといいのだけど駅で止まった瞬間ものすごい悪臭。

 

まあ寝てしまえば問題ない。

 

そして7時間ほどでプリー到着。

 

 

もちろん「サンタナゲストハウス」

この日は風邪を引いたので1日部屋でゆっくりすることにした。

 

このサンタナゲストハウスなのだが

「沈没宿」と言われていて、その意味が分からなかったけど、行ってみて理解した。

みんなといっていいほどハッパをしている。

むしろこれをしにインドまで来ているといってもいい

あとは日本でも最近流行りの?「ヨガ」が有名らしく、ここに何か月か滞在しヨガのインストラクターの資格を取得できるらしい。

 

僕はこの2つともに全く興味がない。

当然のことながら話も全く合わない。

そんな僕にはこの宿は居心地の悪いものとなってしまった。

 

 

でも来てしまったのだからとりあえず観光だけはしとこうと調べてみるも、プリーも特に観光できそうなところはない。

しいて言えば、コナーラクにある「スーリヤ寺院」

通称「太陽神寺院」

 

f:id:daitoshota0712:20170916201126j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170916201153j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170916201221j:plain

 

入場料が馬鹿に高かったのを覚えている。

中にも入ってないので一切情報はなし。

 

近くに泳ぐことができる海があるとのことなのでいってみた

 

歩いて行ったんだけど

道でバイクに乗った若者4人組に声をかけられたから「これやられるやつだ」と思ったら

「どこから来たの?写真撮ってくれ!」

ホッとした。

 

 

 

f:id:daitoshota0712:20170916201432j:plain

って、お前らだけかい!!!!

わしも入れんかい!!

 

そのままサーっと帰っていきました。

そして海到着

波つよっ!!!

f:id:daitoshota0712:20170916201738j:plain

本当に入ってる。

インドの海に。

噂には聞いてたけど、本当に服のまま

 

海沿いを歩く美女って絵になるよね

f:id:daitoshota0712:20170916201722j:plain

 

 

チキンな僕は海には入らず眺めて帰りました

 

 

 

次の日は町を散策

 

普通に街をラクダが歩き、

どや顔でラクダに乗る

f:id:daitoshota0712:20170916202248j:plain

 

街のいたるところにこんなものがある

ヒンズー教の聖地らしいので町の人からしたら当たり前なのかも知れない

f:id:daitoshota0712:20170916202330j:plain

 

もちろん牛もあちこちにいるよ

だんだんと牛のいる道が見慣れてくる。

f:id:daitoshota0712:20170916202414j:plain

 

そして何やら人がたくさんいる通りに出た

と思ったらマーケットやってた

f:id:daitoshota0712:20170916202708j:plain

 

左右に見えるでかい台車は下のこれ

 

f:id:daitoshota0712:20170916202748j:plain

何に使われるのかはわからないけどたぶん神聖な何かだろう。

 

側には寺院があって入ろうとしたら

ヒンズー教徒しか入れないと言われて追い出された

f:id:daitoshota0712:20170916202808j:plain

 

 

インド中のヒンズー教徒がここに集まるんだとかなんだかこの通りはすごく圧迫感のある感じがしたのはそういうことだったのか。

 

そそくさと抜け出し、

プリーでは有名なとあるビーチへ向かう。

 

こんな感じの踏み入れてはいけないオーラが出ている漁村を通っていくと

f:id:daitoshota0712:20170916203349j:plain

 

 

 

そこでは漁を終えた漁師たちが仕事をしていた

f:id:daitoshota0712:20170916203232j:plain

 

 

 

ここがなぜ有名かって?

f:id:daitoshota0712:20170916203256j:plain

 

 

そうここは

知る人ぞ知る「うんこビーチ」である

f:id:daitoshota0712:20170916203315j:plain

名前の通り砂浜には大量のごみに紛れていくつものうんちがある。

もちろん人糞である

砂浜でズボンを脱ぎ砂浜でうんちをする

実際にしっかりと確認もしている

 

 

 

そんなとこで魚を捕る網とか道具扱ってんだから

f:id:daitoshota0712:20170916203314j:plain

魚がおいしいと言われても食べる気にはならない。

f:id:daitoshota0712:20170916200007j:plain

 

 

 

プリーには長くいようと思ったけど、僕には合わなかったので3泊した後

次に目指すは南インドの大都市であり、ハンピに行くための拠点の町「バンガロールへ向かう。

 

マザーハウスのある町コルカタ inインド

 

 

ビールの飲めないバングラディシュを抜け出し

まずはインドはコルカタ

 

 

インドは世界一周するにあたって絶対に行きたかった国。

 

なんでかわからないけど、ここだけは外せないと感じていた。

 

 

そんな国インドのコルカタにはマザーテレサの建てたマザーハウスがある。

「死を待つ人の家」で有名なやつ

ここではボランティアができる。

 

他に有名といえば

サンタナゲストハウス」だと思う

インドでは有名な日本人宿。

インド・サンタナグループ インド ボランティア,ゲストハウス,英語教育学校,日印交流拠点

f:id:daitoshota0712:20170916075821j:plain

 

ここに泊まった

 

 

はいいけど、なんだか居心地がよくて何もせず6日間も泊まってしまった。

 

 

結局ボランティアもせず。

インドまで来て何してんねん!て感じ

 

まあそれもよし

 

 

てかそもそも「ボランティア」という響きがどうにも好きになれなくて…

昔は好きでやってたんだけど、年を取っていろいろな出来事があるたびにボランティアについて考えることがあった

考えているとボランティアの本質がわからなくなった。

細かいことは書きませんが。

 

 

話が逸れました

 

といっても本当に宿から出なかったわけではない

 

とりあえずコルカタの道を歩いて

f:id:daitoshota0712:20170916073009j:plain

 

カタカタと歩いて

f:id:daitoshota0712:20170916073242j:plain

 

おばちゃんの笑顔最高で

f:id:daitoshota0712:20170916073250j:plain

 

 

カーリー寺院へ

f:id:daitoshota0712:20170916073906j:plain

 

カーリー寺院は毎日「ヤギの斬首」をするところ見ることができる。

普通なら見たくはないが、紙に捧げる神聖な儀式らしいので見てみたかった。

がしかし、タイミングが悪く見れなかったのでこの1枚。

 

 

インド人の人に連れて行ってモラタ

みんなで休憩

f:id:daitoshota0712:20170916074410j:plain

 

の後はヴィクトリア・メモリアルへ

f:id:daitoshota0712:20170916074443j:plain

イギリス統治時代の建物らしい

ここがだいぶ広いうえに雨まで降ってきて最悪

f:id:daitoshota0712:20170916074645j:plain

 

うまいこと傘使っていちゃこくインド人

f:id:daitoshota0712:20170916074706j:plain

全然羨ましくない

全然気にしない

 

 

 

続きましてはニュータウン

 

の前にラッシー屋さんで一休み

f:id:daitoshota0712:20170916075044j:plain

マンゴー味が鉄板でウマイ

 

 

ニュータウンでは服が売ってたり

f:id:daitoshota0712:20170916075453j:plain

 

ヤギが売ってたりする

f:id:daitoshota0712:20170916075504j:plain

まさかやぎがママで売られているとはつゆ知らず。

 

 

 

続きまして行ったのは

「アチャラ・ジャガディッシュ・チャンドラ・ボズ・インディアン・ボタニック・ガーデン」

なんじゃそら!

 

通称 ボタニック・ガーデン

 

 

実はこれ、森とかではなく、1本の木。

「グレートビリヤンツリー」といわれる木であーる

写真の見た目以上にでかい。

f:id:daitoshota0712:20170916080208j:plain

 

中はこんな感じ。

こう見えてこれは全部根っこらしい。

f:id:daitoshota0712:20170916080437j:plain

根っこが地上に出てきちゃうタイプの木なんだと。

 

 

 

 

 

このようにコルカタ自体は特にこれといってパッとしたものは何もないけど(個人差あり)

ボランティアとかするとやっぱり毎日充実するのではないだろうか

 

 

思い返してみると以外と色々行ってた。

 

 

 

 

パッとしないのでインドのかわいいタクシーでさようなら

f:id:daitoshota0712:20170916080910j:plain

 

 

ダッカのオールドタウンはただのカオスでした

 

 

 

ニューダッカからオールドダッカまでは電車に乗って行ってみましたん

(あの上に乗っかるやつ)

 

 

 

やっぱり車内も人が多いf:id:daitoshota0712:20170914165447j:plain

チケットセンターで電車どこか迷ってたら

「電車来たぞ!あっちだ!早く行け」的なこと言ってくれて何人か集まってきて

バケツリレーみたいに言われるがままに電車へ。

 

 

 

 

電車を降りてからはオートリキシャにて船着き場まで

f:id:daitoshota0712:20170914165415j:plain乗り心地は最高に最悪。

 

馬もいた。完全に観光客目当てだなありゃ

f:id:daitoshota0712:20170914170736j:plain

 

 

船着き場に到着 

f:id:daitoshota0712:20170914165500j:plainやはりここも人が多いな。

玉ねぎとか芋といろんな野菜とかをここへ運んでくるらしい。

 

 

しかしいろんな船があること

f:id:daitoshota0712:20170914171410j:plain

何だったか忘れたけど、たくさんの日本の技術もバングラディシュを助けているらしい。

 

小さい手漕ぎの船は商売船かなー

f:id:daitoshota0712:20170914165545j:plain

 

 

 

 

 

こういうモノの持ち方って、こっちの人独特だよね。

首痛くなんないのかな。

 

f:id:daitoshota0712:20170914165558j:plain

 

リキシャの渋滞と人の渋滞で進まないやつ。

これがバングラの良さなのかもしれない

f:id:daitoshota0712:20170914172548j:plain

 

 

 

こんなとこで荷物をつむな!

これもバングラの良さなのかもしれない

f:id:daitoshota0712:20170914172558j:plain

 

 

 

場所は変わりまして

船着き場から上の写真のような道を歩き、お寺観光へ

 

 

 

 

 

ピンクパレス

f:id:daitoshota0712:20170914165701j:plain

たぶんオールドダッカで一番の観光地であろう

名前通りすげーピンク

入場料いるけど見どころはここだけ。

 

 

スターモスク

f:id:daitoshota0712:20170914174022j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20170914165723j:plain

写真大好きバングラチルドレン

後ろにあるモスクは半ズボンでは入れず。

小さいけどかなり神聖な感じだった

なので外から中の写真

f:id:daitoshota0712:20170914165914j:plain

なぜか富士山の絵が飾ってある。

親日国なんだなーと親近感沸くよね

 

 

なぜかこの日はこの2か所しか開いてなく。

時間が遅かったからかな。

 

 

 

帰りの電車

f:id:daitoshota0712:20170914165827j:plain

これまたカオス。

 

そしてカレーを食う

f:id:daitoshota0712:20170914173308j:plain

激うま激辛カレー

5日間の滞在で3回は行った。

 

 

これまでカオスってなんやねんと思ってたけど

バングラへきてなんとなく意味が分かってきた。

というか自然とカオスだと感じた。

 

 

 

 

 

バングラも5日もいると飽きてきたのでインドへ移動することにする。

 

日本一時帰国から混沌の国バングラディシュへ

 

 

日本での2週間は飲んで飲んで飲みまくって、ラーメンを食い漁り、バスケをして、

昼間は友人や先輩の仕事を手伝い、給料をもらい食いつないでいました。

 

あらためて、日本の「居酒屋」という文化は素晴らしい。

そう感じた一時帰国でした。

 

 

あ、結婚式もよかったけど、俺にはまだ早いなーと。。。

もう28だけども。。。

 

 

そんなことはよいとして、

なぜバングラディシュ???

 

 

そうそれは仕事をしていた時、バングラディシュ人の人と仲良くなり、よく話していたから。

そのバングラ人が性格はものすごくよいのだけども、しつこいわうっとおしいわでなかなか印象深い人だったんです。

で、バングラディシュにいるバングラ人はどうなんだろう?

そんな単純なことで興味を持った。

 

あとはインドに行くついでにもう一か国どっか違う国行きたいなーと思ったから。(70%こっち)

 

いざバングラディシュ!!

 

と行きたかったのに、なんと、空港までの電車の中で

「人身事故のため一旦運行を見合わせております」

な、なに!!!

 

3時間前到着予定で出てきたものの、さすがに人身事故はやばいやつ。

 

と思って慌てたけど、30分後に臨時で各駅停車の電車が出て結局ギリギリ1時間30分前に空港到着

 

 あーよかです。とりあえず間に合ってよかです。

 

バングラにも無事到着です。

(中国でも色々とありましたが。それは後ほど)

 

 

 

あーアライバルビザめんどくせー。

でもアライバルビザなら「タダ!」

だったらビザいらなくね?という声は心で受け止めときます。

 

中国人の列なげー

1時間待ってるなげー

審査官?警察?やることおせー

と、やっとのことでビザゲット

 

泊まる宿の住所、電話番号、帰りの便の予約チケットが必要だから要注意。

 

僕はバングラからの出国便取ってなくて、日本では「どうなっても知りません誓約書」書かされて、結局「中国乗り換えでストップ」食らって、中国の空港でダミーチケット用意して何とかなりやした。

 

 

 

 

 

ちなみにバングラディシュの首都はダッカ

ダッカにはニューダッカとオールドダッカがあるみたいで、

オールドダッカは要は旧市街的なもん。

まずは日本人宿「あじさい」のあるニューダッカから攻めます

 

 

第一印象。車とリキシャの数が半端ない

f:id:daitoshota0712:20170913035854j:plain

 

 

車、人、リキシャの数が半端ないうえに、悪路も加わって最悪の環境

おかげで毎日渋滞。

雨の日にはこの悪路のせいで道が狭まって渋滞がもっとやばいらしい。

f:id:daitoshota0712:20170913040846j:plain

 

 

どうやって渡んねん

と、最初は思ったけど1日で慣れる。

(たまに引かれかける)

f:id:daitoshota0712:20170913040009j:plain

 

 

 

リキシャの最大限の使い方

f:id:daitoshota0712:20170913040055j:plain

 

 

リキシャ最強説

f:id:daitoshota0712:20170913040106j:plain

 

 

 

 

 

発展途上国あるある

電線が迷子

f:id:daitoshota0712:20170913040138j:plain

 

歩道橋の上が渋滞

f:id:daitoshota0712:20170913040807j:plain

 

 

鉄道まで行ってみる

 

 

これが普通なんです

突っ込みどころは色々とあるでしょう。

f:id:daitoshota0712:20170913041244j:plain

 

これも普通なんです。

線路で服乾かしてる

風通しいいからよく乾くのかな

f:id:daitoshota0712:20170913041304j:plain

 

 

 

これも普通なんです

と思ったらこの電車の上に的なやつ

インドでは法律で禁止され、今ではバングラでしか見れない(曖昧)

f:id:daitoshota0712:20170913041536j:plain

無賃乗車の人が多く、無賃乗車の人たちは電車が止まる少し前でおりてどっか行っちゃう。

 

 

 

バングラディシュ人はみんなフレンドリー

英語が喋れなくても話しかけてきて「写真撮ってくれ」と言ってくる。

あとすげーかっこつける

f:id:daitoshota0712:20170913041317j:plain

タバコ屋さん

1本買って吸ってたら

何言ってるなわかんないけどめちゃくちゃ話しかけてきた

 

 

踏切りの横にいた人

f:id:daitoshota0712:20170913041320j:plain

 

カッコつける子供

f:id:daitoshota0712:20170913041331j:plain

 

 

大人も子供も写真大好き

f:id:daitoshota0712:20170913041338j:plain

 

と、ニューダッカは人人人。

 

 

 

確かに物乞いの方もたくさんいて、特に子供が多い。

5日間滞在して毎日同じ子とすれ違った

一人の子は3日目からは「hey!boss!」と挨拶だけ。

 

なんか逆に寂しくなった。

 

 

駅で悩んでいるとどっかしらから人が来てこっちだと連れて行ってくれる。

こっちから聞いてわからないとほかのわかる人を探してくれる。

すると見る見るうちに人が集まってきてあーでもなこーでもないと話し始める。

結局みんないい人。好き。チャイおいしいし。

 

 

「しつこさ」と「人懐っこさ」そして「やさしさ」と「冷たさ」のあるバングラディシュ人

とても面白い国だ。チャイおいしいし。

 

 

 

 

 

 

 

この「あじさい」という宿でタノシくんというバングラディシュで仕事をしている少年に出会った。

バングラディシュにはなかなか旅行者が来ないから寂しいらしい。

去年?一昨年?にあったテロの影響もあるんだとか

 

テロ?そんなのあったんだ、、、

日本人が犠牲になったらしい。。

知らなかった。

 

タノシくん、「コーラン」だけは覚えると言ってた。

 

 

そんなタノシくん。

中米、南米周遊の経験があり、特に「キューバ」がいいんだと。

相当なお勧めだ、というもんだからキューバ行きたくなった。

いや、行く。

 

 

次回はオールドダッカに行きます!