SHOTABI 世界一周しますよ

あっち行ったりこっち行ったりするよ


にほんブログ村 ☚ここを1日1回押してもらえると旅もブログも頑張れます。 ランキングに参加しています

緊急帰国してますよ ~ピンチをチャンスに変える男~


めちゃくちゃ続けたいです
めちゃくちゃ悔しいです
めちゃくちゃへこんでます
めちゃくちゃ情けないです

そうです。
世界一周、道半ばにして急遽日本に帰っています。

11月1日に決まり3日に帰国しました。


理由は本当にアホなことで
「キャッシュカードのキャッシュ機能が使えなくなったため、現金がATMでおろせなくなったから」

どうにかならないもんか数日間考え、調べに調べたけど
僕のツルツルで小さな脳ミソではgoodなideaは出るはずもなく
頼みのGoogle先生でも解決できず



キャッシュカードを一枚しか持っていなかった僕はこの1ヶ月
現金を引き落とせずに、手持ちの少ない現金とカード払いでなんとか過ごしていました。

カード社会であるヨーロッパではほとんどのかとはまかなえてしまうけど
これからモロッコ中南米へ、いこうとしていた僕は先へ進むことができなくなってしまいました


出発前に友人に
「カード一枚で大丈夫なの?」
「わからんけど大丈夫でしょ」
こんなやり取りをしたことを思い出した

見ての通りだめでした。


まぁカードが使えなくなったのがヨーロッパだったのがせめてもの救い


世界一周へ出発して6ヶ月半
僕の旅は世界半周で一旦終わりを迎えます。

あくまでも(一旦)です


だって本当に行きたかった中南米、アフリカにまだいってないんだもん!

悔しくて悔しくて震える






実は帰国が決まった日
どうしてもやりきれない気持ちでいっぱいになり、色々と考えた末
逆にこれをいい機会としてなにかできないかと思い
「オーストラリアにワーホリに行く」
という選択を選びました


これまでの旅でたくさんの人に会ってきて
互角留学後、ワーホリ後、海外協力隊後など色んな経験を経て旅している人もたくさんいた

その人たちはやっぱり語学堪能だし、コミュニケーション取れない僕よりも楽しんでいるように感じていた

その人たちの話を聞いたこともあったり
元々世界一周後、ワーホリに行きたいとも考えていたんです


世界一周がこのタイミングで終わったことで
ピンチ(失敗)だと思っていたけど、
ある意味チャンスだったのかもしれない

そうと決まればその日の内に
オーストラリアのワーホリビザを申請
ということで
来年の上半期のうちにワーホリへ行きます


今度はしっかりと準備していきます!



ワーホリして
語学力あげて
お金貯めて
もう一度世界一周に挑戦します!


もしかしたらそのお金で結婚するもしれません(うそ)
もしかしたら事業始めちゃうかもしれません(ムリ)
もしかしたらお金貯まらないかもしれません(リアル)





まだ見ぬ世界を求めて





blogやインスタを見て
応援してくれたみなさん
楽しみにしてくれてたみなさん
心配してくれてたみなさん

本当にありがとうございました!
big respect for my friend




このblogは自己満足のためにはじめたものですが
とりあえず今回の旅は書ききる
その後は世界一周失敗後の日常生活について
ワーホリに向けて、次の旅に向けてのことなどを書いていこうと思いますので今後ともよろしくお願いします!


ということで長くなりましたが
私SHOTA、一時帰国中です!
カツ丼とそば最高です!


f:id:daitoshota0712:20171107192536j:plain



あ、今年もスノボ行けるじゃん。。。

感謝、感激、岩、気球 大好き【カッパドキア(ギョレメ)】 後編

 

 

 

 

そういえばギョレメとかカッパドキアとか言っているけど

カッパドキアとは地域の名称で、ギョレメはその中の小さな町の名称なんです

カッパドキアにはいくつかの町があります

 

そしてカッパドキアには○○バレーといった丘?やたくさんの奇岩群がいくつかあり

それぞれツアーで行くことが定番

 

 

しかしご存知の通り貧乏の極みパッカーは歩いて回ることにした

 

 

まずはキノコ岩を見にウルギュプ方面へ

f:id:daitoshota0712:20171102002520j:plain

 

 

どこ見ても岩岩岩

f:id:daitoshota0712:20171102002738j:plain

 

 

一山超えると住宅地

f:id:daitoshota0712:20171102002816j:plain

 

 

中心街から1時間30分くらい歩くと

f:id:daitoshota0712:20171102003207j:plain

道路沿いに突然キノコがはえてる

f:id:daitoshota0712:20171102002638j:plain

エリンギ型キノコ

 

 

そしてキノコから40分ほど歩くとウルギュプに到着する

f:id:daitoshota0712:20171102003227j:plain

 

ウルギュプも岩に囲まれた街

f:id:daitoshota0712:20171102003417j:plain

 

イスラムのおねえさんと奇跡の2ショット

f:id:daitoshota0712:20171102003524j:plain

お姉さんにナンパされてうはうはで撮ったけど

写真一緒に写っちゃってもいいのね

宗教的にいかんもんだと思ってたからびっくり

 

 

 

個性の強いスーパー

f:id:daitoshota0712:20171102003551j:plain

かぼちゃとキャベツでかすぎ

 

f:id:daitoshota0712:20171102003556j:plain

コーラ並べすぎ

 

 

 

ぎょろめに戻ってくるとやる気のない人たち発見

何のためのコレなのか

f:id:daitoshota0712:20171102003641j:plain

 

こいつに関してはどんな状況なのか

もう突っ込みどころがありすぎてむしろわからん

f:id:daitoshota0712:20171102003650j:plain

 

歩き疲れた僕に元気をくれた2人に感謝

 

 

 

続いてはキノコ第2弾を見に行くついでにレッドバレーとローズバレーへ

 

さらっさらの砂の上を歩いていると

f:id:daitoshota0712:20171102004401j:plain

 

 

岩でできたお城

f:id:daitoshota0712:20171102004342j:plain

 

ところどころある穴は当時、伝書鳩が止まるための場所だったらしい

 

お城の中

f:id:daitoshota0712:20171102004626j:plain

地元のヤンキーが夜たむろしてる感半端ない

 

歩けど歩けど砂と岩

でもなぜか飽きないのがカッパドキア

f:id:daitoshota0712:20171102004744j:plain

 

 

こっちがローズバレー(たぶん)

f:id:daitoshota0712:20171102004815j:plain

 

こっちがレッドバレー(たぶん)

f:id:daitoshota0712:20171102004816j:plain

 

違いが分かる人天才

 

 

 

途中にあるギョレメよりも小さな町も岩に囲まれてる

f:id:daitoshota0712:20171102005926j:plain

 

お土産の展示の仕方が雑

f:id:daitoshota0712:20171102005941j:plain

 

 

 

やっとのことでキノコ

f:id:daitoshota0712:20171102010226j:plain

 

でもここが目的地ではない

いろんなとこにキノコがたくさん生えてる

 

 

ここが目的地

キノコ群(土耳其磨菇岩)

f:id:daitoshota0712:20171102010254j:plain

 

 

 

ちなみに正式名称はFairy Chimneys(妖精の煙突)

煙突はわかるけど、どこら辺が妖精なのか教えて栗

f:id:daitoshota0712:20171102010814j:plain

この「乗ってるのが精一杯です感」

なぜ落ちないのか不思議

f:id:daitoshota0712:20171102010811j:plain

 

 

エリンギ型とはまた違うキノコ群

f:id:daitoshota0712:20171102010754j:plain

 

 

そして出ました「アナザースカイ風」写真

f:id:daitoshota0712:20171102011017j:plain

 

 

ラクダにやる気が見られない

もっとやる気ださんかい!!

f:id:daitoshota0712:20171102011158j:plain

 

 

 

 

帰り道

こんなとこにもマックあるんだなー

f:id:daitoshota0712:20171102011221j:plain

と思ったら

 

ん?

マック

f:id:daitoshota0712:20171102011256j:plain

マックではないな・・・

完全にパクり・・・

 

 

 

 

 

カッパドキアのキノコとバレーはこんな感じ

ツアーだとバギーに乗ったりたぶんもっと見どころあると思うけど

お金がないからしょうがないよね

お金がないから毎日のご飯も質素でほぼ毎日パンとハム

f:id:daitoshota0712:20171102012143j:plain

 

 

だけど晩御飯だけはサトミちゃんが僕の分も一緒に自炊してくれた

野菜買ってくる代わりにワインも飲ませてくれた幸せ

f:id:daitoshota0712:20171102011914j:plain

 

ギョレメには居心地がよすぎて4泊してしまった

 

 

 

 

なんとなく観光に慣れてきてしまっていて驚きが薄れてたけど、それでもここカッパドキアはとてもワクワクした

 

 

 

 

 

最後に少しの贅沢で「激うまトルコピザ」

f:id:daitoshota0712:20171102012443j:plain

 

 

 

 

次回は、世界七不思議の町「エフィソス」へ

 

 

感謝、感激、岩、気球 大好き【カッパドキア(ギョレメ)】 前編

 

 

どうでもいいけど

「街」と「町」の使い分けがイマイチわからない

ブログやってなかったらこんな疑問も出てこないだろう。

少し成長。

 

 

 

 

 

 

イスタンブールから深夜バスに乗りカッパドキア(ギョレメ)までやってきました。

 

f:id:daitoshota0712:20171101051100j:plain

 

イスタンブールのotogarではギョレメまで85リラと言っていたのに対し

宿の目の前のトラベルエージェントでは80リラでピックアップ付きだったのでこっちで予約

 

20時頃のバスで所要12時間

ギョレメに到着したのは朝8時ごろ

 

 

 

実はラオスを一緒に回っていたサトミちゃんがタイミングよくギョレメにいるとのことだったので再会

サトミちゃん、ギョレメが気に入りすぎてすでに4泊してた

 

 

 

着いて早々ギョレメの町を二人で散策

いきなり圧倒される

f:id:daitoshota0712:20171101050010j:plain

 

インドのハンピとはまた違うすごさ

岩がなめらかなんだけど迫力もある

 

 

岩の形にも個性があっておもしろい

f:id:daitoshota0712:20171101050748j:plain

上の方がちょこんとなっているのがかわいい

 

このあたり一帯の岩は柔らかく、雨風で削れて長い年月をかけてこんな形になるらしい

後々は形が変わっていくのだろう

 

f:id:daitoshota0712:20171101050043j:plain

 

矢印通りに歩いて岩を登って

上からの景色がこれ

f:id:daitoshota0712:20171101050247j:plain

 

これやばいっしょ!

見惚れるとはこのことだと実感

 

 

 

トルコの国旗が椅子の横に刺してあったので

アナザースカイすしざんまいに続くジャパニーズシャッターチャンスポーズシリーズ第三弾!

f:id:daitoshota0712:20171101050358j:plain

 

その名も「ドラゲナイッポーズ」

 

 

 

中国人のおばはんも真似してやってたのはウケタ

f:id:daitoshota0712:20171101050604j:plain

すぐに流行が国境超えた 

 

 

 

ちなみにここが「ギョレメバレー」というところらしい

ギョレメにはほかにも

・レッドバレー

・グリーンバレー

・ローズバレー

ラブバレ

などあるっぽい

 

 

 

下山後はサトミちゃんが仲良くなっていたトルコ人のお店に連れて行ってもらう

するとチャイとお菓子とたばこをこれでもかってくらいくれた

f:id:daitoshota0712:20171101045455j:plain

 

のんびりしてるけど本当は普通のお土産屋さん

f:id:daitoshota0712:20171101045545j:plain

分け与える文化が根付いているのだろう

本当に何も見返りを求めない。

日本人の僕らにはなかなかない考えなので受け入れづらい

 

 

店の隅っこで二人でくつろぐ

お店のトルコ人と話したり、ねことじゃれたり2時間くらいのんびりした

f:id:daitoshota0712:20171101045235j:plain

 

動物好きのサトミちゃんの影響からなのかこの旅で猫が好きになった

少し成長

f:id:daitoshota0712:20171101051131j:plain

そうなんです実はサトミちゃん、元獣医さんで動物大好き

世界中の動物を追いかけて旅する「animal traveler」通称あにとらさん

人気ブロガーなんです

animaltraveler.com

 

 一緒にいると動物嫌いな僕に動物の良さと切なさを熱弁してきます

 おかげでなぜだか猫だけ好きになりました。

 

 

 

 

夕方、一度宿に戻り

絶対夜もきれいだろうと思い、一人で夜の町を見に行くことにしたf:id:daitoshota0712:20171101051830j:plain

 

 

ハイ。言うまでもありません

f:id:daitoshota0712:20171101051556j:plain

 

 

 

 

 岩も夜景もきれいなギョレメですが、一番有名なのがなんといっても

「気球」

でっかい気球に乗って朝日を見るのがここのメインイベント

 

 

ですがお金のない僕は気球には乗らず。いや、乗れず。

一回60ユーロ以上もするんだもん

 

なので朝早起きして高台から見ることにした

 

 

気球準備中

朝日が登る前も何ともきれいだこと。

f:id:daitoshota0712:20171101053321j:plain

 

 

それぞれのタイミングで飛んでいく

f:id:daitoshota0712:20171101053351j:plain

 

結構な数が飛んでいる

ハイシーズンは倍以上の数になるっぽい

f:id:daitoshota0712:20171101053409j:plain

 

 

どこへ向かっているのだろうか

風の吹くままに飛んでいく

f:id:daitoshota0712:20171101053615j:plain

 

 

僕は見るだけでも十分満足できた

貧乏バックパッカーにはこれぐらいがちょうどいい

f:id:daitoshota0712:20171101053648j:plain

 

 

 

景色はきれいだし、気球も毎朝街の上空を飛んでて面白いし

町自体ものんびりしていて落ち着くし、人は優しいし、もうサイコーじゃん!

 

もっとお金に余裕があればこれ以上に楽しめるのだろう

 

 

 

 

 

f:id:daitoshota0712:20171101054132j:plain

 

 

 

次回は感謝、感激、岩、気球 大好き【カッパドキア(ギョレメ)】後編

カッパドキアのいろんなバレーに行ってきます!

 

 

アジアとヨーロッパの交差点、不思議な街【イスタンブール】

 

 

 

ブルガリアの首都ソフィアからトルコの観光地イスタンブールへバス移動

20時30分発のバスに乗り所要10時間程度(45~50レイ約3000円) 

 

 

トルコへのバス移動では国境にてパスポートにスタンプが押されます

なんか新鮮でよろこんでしまいました

 

国境では僕と韓国人の女の子2人が審査官に呼ばれ、個別で質問された

まあ内容はいつものように「何しに?泊る所は?トルコの後はどこ行くの?帰りのチケットは?」

と簡単なもの

 

「帰りのチケットないよ」って言ったらOKて・・いいんかい!

んなら聞くなや!

こちとら深夜に起こされて気分悪いんじゃ!

去り際にどや顔で「I like NARUTO」て

どうでもいいわ!笑

 

 

 

 

そういえばアジアに戻ってきたなーと

トルコの首都ってイスタンブールじゃないんだよ知ってた?アンカラなんだよ

 

なぜか急に東南アジアに戻りたくなった

 

 

 

 

イスタンブールに到着したのが朝5時30分過ぎ

ていうかバス停(otogar)から市内まで遠すぎ。

Google マップ

 

到着したのはいいものの、地下鉄は6時まで動いてないし、例により僕はATMを使えないのでユーロを両替しなければいけないのだが、これも6時から。

 

とりあえずめちゃくちゃあるバス会社の中から数件次の目的地になるであろう都市へのバスにお値段を聞いて回る。

 (意外と移動費かかりそうな印象) 

 

 

イスタンブールの地下鉄の路線図

f:id:daitoshota0712:20171031060853j:plain

 

見にくいけど、otogarからyenikapi方面のⅯ1かⅯ2に乗れば近くまで行ける(5リラ約150円)

 

 

 

そこからブルーモスクらへんまではまだ少し距離があるのでバスか歩きで行く

もちろん僕は歩く。

 

まだ朝も早いので気持ちがよい

f:id:daitoshota0712:20171031061409j:plain

 

 

さっそくブルーモスクが現れた

f:id:daitoshota0712:20171031061410j:plain

 

ブルーモスクと言っているけど正式名称は「スルタンアフメト・モスク

内装が青いので別名ブルーモスクと言われているらしく、現地人に聞いてもブルーモスクで通じる。

 

 

 

朝8時ごろ宿に到着したのでまだチェックインできないかなーと思ってたけど、すんなりベットに案内してくれて、「疲れたろうから寝な」と言ってくれた。優男

 

ちなみに宿は(shabby hostel)

Booking.com: 1,505,400 hotels worldwide. 133+ million hotel reviews.

レストランに併設されていて、まだ新しいのか昼間は内装をいじっていた。

スタッフが優しいしよい。ピーナッツくれたりビスケットくれたり

(ただ、ツアーの勧誘がうるさい。一度断ったらおとなしくなった)

 

 

 

バス移動で疲れたので昼まで寝る

そして観光へ参る

f:id:daitoshota0712:20171031062509j:plain

 

 

お土産通りを歩いていると絨毯屋のおっちゃんが話しかけてきた

絶対怪しいやつやん!

と思って店の中へついて行く

(ついて行ったんかい!!!)

f:id:daitoshota0712:20171031070412j:plain

 

トルコではみんなが飲んでいるチャイ(紅茶)を出してくれた。

なんでも日本が好きなんだと

でも近年の事件以来日本人旅行者が減ってきていて、中国人が増えたって。

中国人は冷やかしがうっとおしいから嫌いだって。どこの国もそうなんだな・・・

このおっさん、夏はトルコで働いて、オフシーズンの秋冬は日本に来て絨毯売ってるんだって。働き者。

だから日本語も俺よりウマイ

だからなおさら怖い

トルコの絨毯は高いと1枚100万円くらいで売れるものもあるらしい。

さすがシルクロードの最終地だけある

 

 

 

 

40分くらいたわいもない話をしてさすがにこれ以上は居座りたくなかったので丁重にお断りした

しかし何もなくてよかった。

 

後々聞いた話だとトルコ人は分け与えるのが普通なんだって。

だから見返りなしでお菓子とかチャイとかくれたりする

まれに仲良くなったふりしてぼったくったりなんだかんだあるらしいけど

 

こっちからしたら外見でそんな判断できやせんです

 

 

 

そんなことしてたもんだからなかなか観光に行けず。

 

 

 

とりあえず近くのブルーモスクへ

f:id:daitoshota0712:20171031065433j:plain

 

礼拝時間以外は無料で中に入ることができる

f:id:daitoshota0712:20171031070119j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031065427j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171031065359j:plain

 

 

・・・・ん???

全然青くない。

もっと真っ青なのイメージしてた。

誇張したイメージ持ってっちゃあかんね

 

 

 

 

向かいの「アヤソフィア」は入場料が40リラ(約1200円)と高かったので外観だけ

f:id:daitoshota0712:20171031065627j:plain

 お金に余裕のある人は入ったほうがよさげ

 

 

腹が減ったので待ちに待った本場のケバブを食べに行く

f:id:daitoshota0712:20171031064131j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171031064230j:plain

・・・

 

これまで食べてきたケバブで一番ショボい

トマト多いわ!あほ!

しかも全然おいしくない。

トルコ料理は世界3大料理じゃないんかい!

味付けケチャップだけってなんやねん!

 

 

 

腑に落ちないまま向かったのは「スレイマニエ・モスク

たぶんイスタンブールといえばここ!という場所だと思う

f:id:daitoshota0712:20171031064105j:plain

 

遠くから見るとこんな感じ

f:id:daitoshota0712:20171031064537j:plain

空気がすごくよどんでいてよく見えない

 

夕日

f:id:daitoshota0712:20171031070318j:plain

 

 

無料で中にも入れた

f:id:daitoshota0712:20171031065048j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031065104j:plain

ブルーモスクと似てる

 

 

ちなみに上の遠目からの写真は

ガラタ橋から撮ったのだけれど、このガラタ橋がまるで釣り人の聖地

f:id:daitoshota0712:20171031064659j:plain

パンをエサにしてサバ?を釣ってる

 

f:id:daitoshota0712:20171031064853j:plain

 

ほう結構釣れるもんですな

 

 

 

f:id:daitoshota0712:20171031064958j:plain

釣れない人はこんな顔になる

 

 

 

ガラタ橋からは「ガラタ塔」側も見ることができる

 

f:id:daitoshota0712:20171031070209j:plain

 

 

ちなみにガラタ塔側は新市街と呼ばれていて旧市街側と比べて建物少しおしゃれで、ビジネス街っぽい感じもある

f:id:daitoshota0712:20171031072238j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031072300j:plain

 

 

 

 

その後は帰りがてら旧市街やグランドバザールをぶらぶら

 

やっぱり空気が悪い。天気はいい

f:id:daitoshota0712:20171031070833j:plain

 

グランドバザール内もモスクのような模様

f:id:daitoshota0712:20171031070745j:plain

 

おしゃれな何か

f:id:daitoshota0712:20171031070751j:plain

 

 

トルコは香辛料も有名。何が何だかわからないけど

これのおかげで世界3大料理なのだろう

大昔、ヨーロッパからわざわざ商人が買いに来たんだとか

f:id:daitoshota0712:20171031070729j:plain

 

ケバブに使ってくれい!

 

 

 

 

 

イスタンブールはヨーロッパ側とアジア側とで区別されているだけあって

先入観かもしれないが、なんとなくいろんな文化が入り混じった雰囲気のある街

極端に言えばインドのようなキレイではない雰囲気や街並み、文化や人間もあれば

東ヨーロッパのようなプチおしゃれな感じや建物もある

でもどちらかといえばやはり6~7割方アジアなのだ

とても不思議な街

人の活気はあるのだけれど空気が悪いからなのか、なぜかどよんとした感じがまたアジアっぽさがある

ただ、嫌いではない。

 

 

 

 

最後にイスタンブールのアジア側と呼ばれる方へフェリーに乗っていってきた(片道5リラ)

f:id:daitoshota0712:20171031073146j:plain

 

インドで出会ったユウタ君お勧めの「乙女の塔」(船の上より)

f:id:daitoshota0712:20171031072927j:plain

 

 

 

 

次回はイスタンブールから気球の町カッパドキア

 

 

「ブルガリアといえばヨーグルト」というのは日本人だけ

 

 

午後12時30分と言っていたのに12時15分にベオグラードを出たバスはニーシという街で一度乗り換え、20時にブルガリアのソフィアに到着。

 

ソフィアでもヤギくんと合流。
どんだけ好きやねん。
ここまで来るとほとんどルート同じなのね。
だってルーマニア行けなかったんだもん。

 

そんなわけでヤギくんと世界遺産のリラ修道院へデート。

メインバスターミナルとは違うよくわからんバス停から9時頃のバスで出発

 

 

片道4時間かけて13時ごろ到着

f:id:daitoshota0712:20171031041511j:plain

 

 ついてすぐに修道院がある

見た目がとても変わっていて久しぶりにワクワクした

f:id:daitoshota0712:20171031041755j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031041834j:plain

こんな変わった模様の修道院見たことない

イメージでは金ピカだったり真っ白だったり、統一されているもんだと思うが

 ここは縞々で色使いもヘンテコ

 

 

 

壁一面にカラフルで何かメッセージ性のありそうな絵がびっしり

f:id:daitoshota0712:20171031041757j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031041806j:plain

f:id:daitoshota0712:20171031041815j:plain

なぜかフランダースの犬を思い出しそうになるのは気のせいなのか・・・

 

 

 

近くにはお墓もあって気味悪かったけどのぞいてみた

 

f:id:daitoshota0712:20171031042925j:plain

 

壁絵も気味悪い

f:id:daitoshota0712:20171031042721j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171031042729j:plain

何を意味しているのかはさっぱり

 

 

たぶんガチの方の骨が飾ってあった

f:id:daitoshota0712:20171031042849j:plain

 

 

このあたりでは昔、戦争が起きたのだがリラ修道院だけは無傷で残ったらしい。

絵の感じとかお墓とか、すべて何かそれに関係しているのかもしれない

 

 

 

ちなみに見どころはここだけ。

4時間かけて来たのに

で落ち感半端ない

 

 

さすが入場料タダなだけある。
建物は立派だけど、めちゃくちゃしょぼい。
30分もあれば十分。

 


それなのに帰りのバスは15時なので近くに一軒だけあったレストランて時間つぶし。

f:id:daitoshota0712:20171031043205j:plain


この旅で好きになった猫と戯れていると帰る時間になったので
また片道4時間かけて帰る。


うむ。

見どころ少なすぎる!!!
見ごたえはあるけどなぜかモヤッとしている


これがまさにがっかり世界遺産

と思う

 

往復8時間かけていくところじゃないな・・

 

 


帰ってきてから、バス停の近くに大きなスーパーがあったのでついでにヨーグルトを買ってみた。

f:id:daitoshota0712:20171031043430j:plain


明治さんのおかげでブルガリア=ヨーグルトというイメージが強いが、実際食べてみると別に普通。

右の飲むヨーグルトは普通においしい

ていうか1個1個がでかい。安いけど

 

 

ソフィア自体も首都なんだけど、これといって見どころはないが一応来たからには教会とか回ってみる。

f:id:daitoshota0712:20171031043619j:plain

 


この教会じゃないけどたまたま入った教会で葬式をやっていた。

初めて外国の人の死体を見てしまった。

葬式をこんなに大っぴらにやるもんなんだと日本との文化の違いに驚いた。

 

 

 

 


次の日のお昼にここでもケバブを食う

f:id:daitoshota0712:20171031043952j:plain

ポテトフライ入りでボリュームあってウマイ

 

 

 

夜はヤギくんとビールとワインで乾杯

 

 

f:id:daitoshota0712:20171031043833j:plain

知らずに入ったお店の名前が「スシハッピー」というなんとも和食な感じ

ローズワインなんてもんがあったから飲んでみた。

 

うん。ワインの味なんわからんわい!

赤ワインよりさっぱりで白ワインより渋い感じ

特にバラ感はない。

バラと言えば、ブルガリアはバラが有名らしい。

6月には満開のバラが見頃なんだとか

f:id:daitoshota0712:20171031043814j:plain

 

 


本当は黒海沿いの街にも行きたかったけど、時間もお金もかかるし、時期外れなことから断念。

 

 

この夜でヤギ君とは本当のさようなら

毎回のことだけど、こんだけ長く一緒にいたら別れは寂しい。

 

 

 

 

そして最終日に余ったお金でブルガリアで食べた何か

お肉とジャガイモ・米みたいな何か・茄子とひき肉の炒め物

f:id:daitoshota0712:20171031044232j:plain

これ全部うまかった。

ブルガリアの料理はトルコ料理をインスパイアしているからおいしい

 

 


僕はソフィアからそのままダイレクトにトルコのイスタンブールへ行くことにした。

 

 

 

ブルガリアでのアナザースカイ(風)

f:id:daitoshota0712:20171031043602j:plain

 


ということで次回はトルコのイスタンブールです。

 

 

 

天使と悪魔が話しかけてきた(ベオグラードの最新プチ情報あり)

 


サラエボからベオグラードへのバスが朝6時1択だったので
5時起きして当日チケットを買い、出発。3000円ほど。


バスの中では熟睡。ベオグラードに到着したのが11時ごろ。

 

 


とりあえずATMへ、、、

 

 

 

あら?カードが使えない。
ムムッ!limit?
おいっ!まじか!
利用制限で10月中ATMでお金が下ろせないことが判明。


どないしよ。
とりあえず手元にあった20ユーロを両替。
宿代2泊で10ユーロ。
なんとか屋根は確保。
でもこの先どうしよう。。

 

 

こんなことでもう旅やめるしかないのか・・・

 



お昼頃、先にベオグラードにいたヤギくんと会う約束していた
ザグレブモスタルに続きベオグラードで再々会。

先にベオグラードを観光していたヤギくんに案内してもらいながら観光。

特にこれと言って何にもない

あるのはお城と教会

 

 

 

聖サワ大聖堂

f:id:daitoshota0712:20171030193212j:plain

 

中は工事中

本当はすごくきれいな金色らしい

f:id:daitoshota0712:20171030224821j:plain

 

 

 

ベオグラード城壁

f:id:daitoshota0712:20171030193323j:plain

f:id:daitoshota0712:20171030193514j:plain

 

城の周りには戦車とか砲台が飾られてる

f:id:daitoshota0712:20171030193547j:plain

 

 

 

聖天使ミハエル大聖堂前

 

 

お金持ちっぽい人がたくさん出迎えられていた

何かの日だったのだろうか

ギャラリーが多すぎてびっくり

f:id:daitoshota0712:20171030225308j:plain

 

 

お城、教会は正直見飽きている感はだいぶある

 

 


夕方、どうしても日本食が食べたくて行ったのが(marukoshi)という日本食屋さん

 


味噌ラーメンと白飯を頂いた。
値段も見た目も日本と変わらない。

これで800円くらい

f:id:daitoshota0712:20171030191725j:plain


いやー。うまい!
ちょっと味濃いめだけども

 

 

 


そんなこんなでカードのことを思い出してもう旅をやめて帰らなきゃ行けないなとか、どうにかしてカード使えるようにしなきゃいけないなーとか話していたら

ヤギ君から神様のような一言が。

天使SHOTAは断ることを勧めるが悪魔SHOTAは受け入れろとうるさい

 

しかし正直もうどうしようもない状態。

 

悪魔の勝利

 

 

ピュアーなココロを悪魔に侵略された

 

 


本当に俺はバカだ。でも本当に助かった。本当にありがとう


ヤギくんのおかけで旅を続けられるようになった僕は
次にルーマニアを目指すことにした。


しかし、ルーマニアに行く方法がバス停に行って聞くもわからない。
鉄道駅に行っても誰もいない。
ネットで調べてみると、今日行った誰もいない鉄道駅から一度ブルシャツで乗り換えてティミショアラまで行けると書いてある。しかも2017年7月情報!
ありがたやー。


夜、宿でのんきにご飯を食べていると日本人の女性がいた。
彼女はルーマニアで働くアーティストらしい。
セルビアへは旅行兼歯を治しに来ているらしい。
僕と同じ愛知出身で高校もすげー近くで。弟が僕に似ているらしい。
というどうでもいい情報。

 


彼女に明日ルーマニアに行くことを伝えると
「あ、そのブルシャツからティミショアラまでの便、8月になくなったよ」とのこと。
まじか!!!!
セルビアからルーマニアへは行けないんかい!


まぁ知らずに電車乗って行き止まりにならなくて良かったけども!


ヤギくんといい、この女性といい神様はまだ悪魔の乗り移った僕を見放してはいなかった。

 



ルーマニアに行けなくなったので路線変更してブルガリアのソフィアへ行くことになった。

結局またヤギ君と同じルート

 


ちなみに、セルビアは豚肉がすごく美味しいらしく、特にハンバーガーがでかくて美味しい。

f:id:daitoshota0712:20171030224002j:plain


これ、300gで200円。価格破壊もいいとこ!!しかもちゃんと激ウマ!


見どころは少ないベオグラードだけど、物価は安いしハンバーガーは美味しいし、日本食はあるしでいうことなし!
強いて言うなら坂がキツイ。

 

ウクライナに続いてここなら沈没してもよかです。

 


名残惜しみながら次はルーマニアではなくブルガリアへ行きます。

 

そんな好きじゃないけどヨーグルト食うぞー!

 

 


この旅でわかったことは

僕がバックパッカーに向いていないということ。

 

 

 

f:id:daitoshota0712:20171030225537j:plain

 

 

それでも旅は続きます。

 

 

 

 

モスタルからサラエボへ [第一次世界大戦きっかけの場所]



知らない土地に来てマックがあるとなぜか安心するのは日本人だけなのだろうか。

 

 

 


朝7時頃モスタルを出発し、サラエボに13時頃到着。

f:id:daitoshota0712:20171030071356j:plain

思ってたよりも栄えてそう

 

 

 


サラエボってなんか聞いたことあるなーと思って調べてみたら

 

第一次世界大戦の引き金となった場所だった
オーストリアの偉い人がボスニア人に暗殺されたのがきっかけで戦争に発展した

 

俗に言う「サラエボ事件」ってやつ。
小学生の頃なんとなく習ったのを思い出した。

そして旧ユーゴスラビアからの独立紛争の舞台にもなっている。

その証拠にそこら中にお墓がたくさん。

f:id:daitoshota0712:20171030070644j:plain


この辺争いばっかしてんな。という印象
でもマックがあるからなんとなく安心

f:id:daitoshota0712:20171030070812j:plain



そんなボスニアの首都サラエボを歩いていると
なんだか飛騨高山を歩いているときと同じような気持ちになる。

f:id:daitoshota0712:20171030072754j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171030072514j:plain

 


そう。建物が日本っぽい。
木の枠組みに瓦屋根。

まあ一部の通りだけなんだけども

f:id:daitoshota0712:20171030072707j:plain

 

 

勝手に親近感わく。
(全部個人的な感想ですが)

 



町並みに似合わずでっかい教会やモスクは突然現れる。

f:id:daitoshota0712:20171030073319j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171030074549j:plain

 


もちろん足元は石畳
やっぱりここもヨーロッパなんだなー

ヨーロッパなんだけど、ほかと比べて格段に物価が安い。
だって宿が600円ほど。
コーラも50円くらい。
ビールだって2リットルペットで200円しない。

ただ一つ欠点は道路が狭い

f:id:daitoshota0712:20171030074603j:plain


そんくらい。

 



サラエボの市街地から少し離れたところには高台と城壁跡がある。

f:id:daitoshota0712:20171030081058j:plain

 

 

f:id:daitoshota0712:20171030081417j:plain

 


城壁からの眺めは良きものです。

f:id:daitoshota0712:20171030082400j:plain

 

f:id:daitoshota0712:20171030081458j:plain


城壁跡は子どもたちのたまり場なのね。

のんびりコーラ飲みながら景色を堪能します。

すると子供たちはこんにちはって言ってきます。

ニーハオじゃないことが嬉しいです。

 


南に来るに連れてケバブが小さくなって美味しくなくなってくるのが残念でなりません。もちろん不味くはないけど

f:id:daitoshota0712:20171030075902j:plain

 


今のところナンバーワンケバブポーランドケバブです。

 

 


次回はセルビアの首都ベオグラード