shotabi 世界一周しますよ

あっち行ったりこっち行ったりするよ

マザーハウスのある町コルカタ inインド

 

 

ビールの飲めないバングラディシュを抜け出し

まずはインドはコルカタ

 

 

インドは世界一周するにあたって絶対に行きたかった国。

 

なんでかわからないけど、ここだけは外せないと感じていた。

 

 

そんな国インドのコルカタにはマザーテレサの建てたマザーハウスがある。

「死を待つ人の家」で有名なやつ

ここではボランティアができる。

 

他に有名といえば

サンタナゲストハウス」だと思う

インドでは有名な日本人宿。

インド・サンタナグループ インド ボランティア,ゲストハウス,英語教育学校,日印交流拠点

f:id:daitoshota0712:20170916075821j:plain

 

ここに泊まった

 

 

はいいけど、なんだか居心地がよくて何もせず6日間も泊まってしまった。

 

 

結局ボランティアもせず。

インドまで来て何してんねん!て感じ

 

まあそれもよし

 

 

てかそもそも「ボランティア」という響きがどうにも好きになれなくて…

昔は好きでやってたんだけど、年を取っていろいろな出来事があるたびにボランティアについて考えることがあった

考えているとボランティアの本質がわからなくなった。

細かいことは書きませんが。

 

 

話が逸れました

 

といっても本当に宿から出なかったわけではない

 

とりあえずコルカタの道を歩いて

f:id:daitoshota0712:20170916073009j:plain

 

カタカタと歩いて

f:id:daitoshota0712:20170916073242j:plain

 

おばちゃんの笑顔最高で

f:id:daitoshota0712:20170916073250j:plain

 

 

カーリー寺院へ

f:id:daitoshota0712:20170916073906j:plain

 

カーリー寺院は毎日「ヤギの斬首」をするところ見ることができる。

普通なら見たくはないが、紙に捧げる神聖な儀式らしいので見てみたかった。

がしかし、タイミングが悪く見れなかったのでこの1枚。

 

 

インド人の人に連れて行ってモラタ

みんなで休憩

f:id:daitoshota0712:20170916074410j:plain

 

の後はヴィクトリア・メモリアルへ

f:id:daitoshota0712:20170916074443j:plain

イギリス統治時代の建物らしい

ここがだいぶ広いうえに雨まで降ってきて最悪

f:id:daitoshota0712:20170916074645j:plain

 

うまいこと傘使っていちゃこくインド人

f:id:daitoshota0712:20170916074706j:plain

全然羨ましくない

全然気にしない

 

 

 

続きましてはニュータウン

 

の前にラッシー屋さんで一休み

f:id:daitoshota0712:20170916075044j:plain

マンゴー味が鉄板でウマイ

 

 

ニュータウンでは服が売ってたり

f:id:daitoshota0712:20170916075453j:plain

 

ヤギが売ってたりする

f:id:daitoshota0712:20170916075504j:plain

まさかやぎがママで売られているとはつゆ知らず。

 

 

 

続きまして行ったのは

「アチャラ・ジャガディッシュ・チャンドラ・ボズ・インディアン・ボタニック・ガーデン」

なんじゃそら!

 

通称 ボタニック・ガーデン

 

 

実はこれ、森とかではなく、1本の木。

「グレートビリヤンツリー」といわれる木であーる

写真の見た目以上にでかい。

f:id:daitoshota0712:20170916080208j:plain

 

中はこんな感じ。

こう見えてこれは全部根っこらしい。

f:id:daitoshota0712:20170916080437j:plain

根っこが地上に出てきちゃうタイプの木なんだと。

 

 

 

 

 

このようにコルカタ自体は特にこれといってパッとしたものは何もないけど(個人差あり)

ボランティアとかするとやっぱり毎日充実するのではないだろうか

 

 

思い返してみると以外と色々行ってた。

 

 

 

 

パッとしないのでインドのかわいいタクシーでさようなら

f:id:daitoshota0712:20170916080910j:plain