shotabi 世界一周しますよ

あっち行ったりこっち行ったりするよ

一人旅

リヴィウからクラクフ、クラクフからヴロツワフへ 旧市街巡りのポーランド

ウクライナのリヴィウからポーランドのクラクフまではまたまたバスで移動する 夜行バスで8時間ほどで到着する 23時時頃リヴィウ出発 クラクフ行きが23時まで1~2時間に1本くらいあった 軽めな出入国検査を受け (ただハンコ押すだけ) 朝8時ごろクラクフのバス…

古都リヴィウでイモになる、イモになったら豚になる

無事に愛のトンネルからリヴィウに帰還した リヴィウにいるときは8割くらい雨が降っていたのでほぼほぼ宿でイモっていた。 泊まっていたホステルは「Hostel Leosphere」 Google マップ なんと1泊400円という東南アジア並みの価格で宿の質も最高にいい。 キッ…

キエフからリヴィウへ 「愛のトンネル」へ男一人で虚しくいく

キエフからリヴィウまでもいつものようにバスで向かう所要約6時間 朝9時頃のバス リヴィウは今でもウクライナの昔ながらの街並みが残るポーランドとの国境付近の大きな街 鉄道駅のあるバス停に到着もちろん宿まで歩く 1件目に行った宿が満室だったので近くに…

ウクライナの首都キエフで「財布落とし詐欺」の刑にあう

モルドバのキシナウから21時発の夜行バスでキエフに向かう 国境で見た星空がクソきれいだったけど写真は撮れず。 ちなみにキシナウからキエフに行くには前回紹介した「沿ドニエステル共和国」を通過する つまり出国スタンプが押されない。 これにはまじで焦っ…

飲ま飲まいぇい!の国モルドバと非承認国の存在

モルドバの首都は「キシナウ」 バスターミナルに到着し、いつものように歩いて宿まで向かう 一応何か観光するとこないか事前に調べてみたけど、本当に何にもないらしい。 モルドバはヨーロッパ最貧国で国民性でとてもおとなしいらしい 余談だと、「恋のマイア…

美人大国ウクライナ 初めてのヨーロッパでケバブにハマる

インドから飛行機でウクライナの港町「オデッサ」へ飛んだ僕はその質素さに驚愕した オデッサの空港はその辺のローカルバス停と何ら遜色ない簡素なつくり そしてその周辺もイメージとは違う田舎町。 宿まで約5キロの道のりを1時間30分かけてのんびり歩く。 そ…

ムンバイからウクライナへ インドのインドたるを知らずにインドを去る

インド最後の秘境「ハンピ」からムンバイへはバスで12時間ほど 夜行バスで向かう 結局ニューデリー周辺には行けなかったけど絶対また来る。 そしてラダックへも行く! と心に決め移動。 しかし移動日に限って夜から大雨。 マイソールといいハンピといいツイテ…

アジア最後の秘境ハンピで岩登り

ハンピに到着 泊まる宿は「カラヤンゲストハウス」 なんとこんなところにも日本人宿 世界中どこにでもありますねー 特にインドは多い気がする 宿まで歩いていると楽器を鳴らして歌を歌って歩く少年少女たちを発見 今日は8月15日 この日は日本では終戦記念日 こ…

古き都マイソールから巨石の街ハンピ

バンガロールからバスで4時間でマイソールへ到着する もともとマイソールにはいく気はなかったけど、バンガロール宮殿調べてたら一緒にマイソール宮殿が出てきたから見てみた そしたら「ライトアップが圧巻」 と書いてあって近いし行ってみるかと寄り道感覚で…

南インドのIT都市バンガロールはインドじゃない

プリーから電車で25時間かかり、バンガロールへ 半分くらい寝てるから意外と早い。 電車の中では朝昼晩とご飯が付く。 もちろん3食カレー さすがインド 昼間、椅子に座っていると家族が話しかけてくる。 どこの国? 日本です どこ行くの? バンガロールです…

悩んだ挙句のプリーを選択したのだが・・・

コルカタからの王道ルートはバラナシを通ってニューデリー方面に行くルートで、東から西へ行くルート 僕もそこを通って行こうと考えていた。 しかし、「ハンピ」という場所がインドの中で一番良かったと聞き、めちゃくちゃ興味を持ってしまった。 しかしハンピ…

マザーハウスのある町コルカタ inインド

ビールの飲めないバングラディシュを抜け出し まずはインドはコルカタへ インドは世界一周するにあたって絶対に行きたかった国。 なんでかわからないけど、ここだけは外せないと感じていた。 そんな国インドのコルカタにはマザーテレサの建てたマザーハウス…

ダッカのオールドタウンはただのカオスでした

ニューダッカからオールドダッカまでは電車に乗って行ってみましたん (あの上に乗っかるやつ) やっぱり車内も人が多い チケットセンターで電車どこか迷ってたら 「電車来たぞ!あっちだ!早く行け」的なこと言ってくれて何人か集まってきて バケツリレーみたい…

日本一時帰国から混沌の国バングラディシュへ

日本での2週間は飲んで飲んで飲みまくって、ラーメンを食い漁り、バスケをして、 昼間は友人や先輩の仕事を手伝い、給料をもらい食いつないでいました。 あらためて、日本の「居酒屋」という文化は素晴らしい。 そう感じた一時帰国でした。 あ、結婚式もよかっ…

ハリウッドストリートと100万ドルの夜景を見る in香港

実は香港の見どころはチョンキンマンションだけではない ンナコトシッテルワ 香港島にはハリウッドストリートという旧市街がある 午前中にそこをぶらつき、夜は夜景を見に行こうと思う。 の前に腹ごしらえ パイナップルパン(右上) 激うま なんかで有名な階段…

香港にきて重慶大厦(チョンキンマンション)に泊まらずに何をする

さて中国は成都を後にして目指すは「香港」 成都から昆明(トランジット2時間)経由の飛行機に乗ります。 (陸で行きたかったけど、ビザなし期間が過ぎてしまうのであきらめた) 昆明まではコウダイも一緒なので気楽です。 と思ったら成都にて1時間30分ほどの遅…

色達~成都 (完結編) 別れはやっぱり悲しいものですね 

現在地:ポーランドのクラクフにいます。 日本が10月から、またたばこの値上げするらしいね。 帰った時が怖い。 ラルンガルゴンパの集合写真(アキラさんははぐれて行方不明) ラルンガルゴンパを見終わった一行はそのまま成都へ帰ろうと思ったが、 「明日の朝5…

東チベット ラルンガルゴンパ(喇栄五明佛学院)編

ついにラルンガルゴンパ編に突入。 文字で見るより絵で見たほうがよいと思うので 写真の羅列でいきますよ。 (いつも通りとか思わない) ラルンガルの入り口 まずは黄色い街がお出迎え 赤い街が見えてきました いい感じでしょ これが全部家なんだから驚き 改め…

甘孜~翁達(炉霍)~色達 (山越え谷越え検問越えて 編)

アチェンガルゴンパ観光も終え 甘孜から炉霍を経由して翁達 翁達から色達へ向かう。 ラルンガルゴンパに行くのにはここからが試練らしい。 聞いた話によると 「翁達~色達の間で検問をやっていて、ここに来た外国人は追い返される」らしい なので皆色々な方法…

成都~康定~甘孜~翁達(炉霍)~色達~ラルンガルゴンパ 7日間の男女4人旅 (アチェンガルゴンパ編)

ここ2日間宿にこもりっきり。 なんとなく最近観光するのが面倒になってきた。 これが無職が無職たる所以か。 さて、アチェンガルゴンパには 甘孜から乗り合いバン3時間ほどで到着する ところでアチェンガルってそもそも知らなかった私。 それはどこで何があ…

成都~康定~甘孜~翁達(炉霍)~色達~ラルンガルゴンパ 7日間の男女4人旅 (前編)

うむ。 そろそろ無性にかつ丼が食べたくなったきた。 ラルンガルゴンパはもちろん、その周辺の町も高山にあるため、高山病対策で1週間という日数をかけていく。 この日、禁断のラルンガルゴンパへの4人の旅が始まる 朝早く、成都から康定行きのバスに乗る…

陳麻婆豆腐で唇がなくなった話と街ブラ

作戦会議したメンバーでバスで15分ほどでつく「陳麻婆豆腐」へ行くことに。 名前の通り陳さんの麻婆豆腐は日本でも有名らしいけど知らなかった。 なんか高級そう 麻婆豆腐くそ辛い。けどくそウマイ! チョーぐつぐつ パスタみたいなやつ いんげんのなんかとほ…

古き良き中国、成都での出会い

2017/9/2現在ウクライナのリヴィウにいます 。 エグザイルのたかひろと武井咲が結婚したのを今日知りました ショックすぎて旅やめようかと思いました。 んなことより早くリアルタイムに追いつかないと。。。 さて成都駅に到着したのが朝5時 とりあえず宿まで…

景洪~昆明~成都 2泊3日のバス&電車旅

昨夜、Yahooなら問題なく開けることを発見した。 昆明での宿と昆明から成都への生き方を調べておいた。 www.agoda.com このサイト探すのが楽だし安くて使いやすい。 ゲストハウスの優しいお兄さんんによると、景洪から昆明まではバスで8時間ほど。 景洪バス…

大国中国へ。お願いですからお金を引き出させてください

ムアンゴイを出て数時間たつと国境についた。 ラオス側の国境 いつも通りの審査を済ませる。ちなみに審査官も英語が通じない。 中国側のイミグレ 建物の違いの差がすごい 中国側に出ると両替商のおっさんがいた。そこはいつも通り無視。したのが間違いだった…

出会いの旅の終着点ポンサリーで大自然に触れる

実はビエンチャンで出会ったイトウさんからポンサリーで働くボランティア団体の知り合いの日本人女性を紹介してもらっていた。 ポンサリーにもあるんだなーと思ふ 日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会] その人と連絡を取りポンサリーで会うこと…

山越え谷越えポンサリー

ポンサリーはラオスの北の方にある山の中の町。 ムアンクアからバスでパクナムノイまでいき、そこでバスを乗り換えてポンサリーまでいく。 観光客が少ないこともあり、ここからはほとんど英語が通じない。 だから全部ジャスチャーで伝える バスはこれ またま…

絶景だらけの船旅でムアンクアへ

ポンサリーへの中継地点ムアンクアまではノーンキャウから小舟で川を上っていく。 その時間7時間 船のチケット買うとこ 朝早すぎてやってない このボートで行くらしい 非常に頼りなく思える ギュウギュウ詰め なんかたまに水がかかるなー思ったら こいつび…

出会いがあれば別れもある。再会ある

ルアンパバーンでシホちゃんとはさよなら。 気を付けてベトナムへ! そしてサトミちゃんと俺はポンサリーへ向けて旅立つのである。 ポンサリーへは2泊3日かけて乗り継ぎで行く。 最初の目的地はノーンキャウ バスで4時間ほどで到着。 木と川しかない自然に…

歩いているだけで楽しい町ルアンパバーン

グレゴリー バックパック メンズ スタウト45 GREGORY STOUT 45 778385588 778381598 778385589 45L gre77838 国内正規品ジャンル: バックパック・リュックショップ: Retailer リテイラー価格: 20,909円 バンビエンからルアンパバーンまではバスで移動した。 …