SHOTABI 世界一周しますよ

あっち行ったりこっち行ったりするよ


にほんブログ村 ☚ここを1日1回押してもらえると旅もブログも頑張れます。 ランキングに参加しています

フィリピン2 マニラ湾の夕日

 

 

マニラの絶景スポットとして上げられるのが「マニラ湾の夕日」だ。

 

一応世界の何とか100選にも選ばれてるらしいから行ってみた。

 

マニラ湾の夕日が見られるのはM.O.A(モールオブアジア)という大型ショッピングモールの奥に進むと遊園地があり、そこから見られる。

 

 

日の入りの時間まで1時間ぐらいあったから海沿いの堤防をふらふらすることに。

 

f:id:daitoshota0712:20170606155157j:plain

 

テトラポットで貝とか拾って遊んでる。男の子、この後海に落ちる

 

 

f:id:daitoshota0712:20170606160212j:plain

 

ヤシの木?がいい感じ

 

f:id:daitoshota0712:20170606160316j:plain

 

船がいい感じ

 

f:id:daitoshota0712:20170428205509j:plain

マニラ湾の夕日

 

きれい

 

f:id:daitoshota0712:20170606162000j:plain

 

 

5分くらいで沈んだ。

 

 

 

ちなみにそのモールオブアジアまではマーケットが立ち並ぶバクラランからジプニーで8ペソで5分から10分くらい。

f:id:daitoshota0712:20170606154601j:plain

・ジプニー

ジプニーの周りに行き先が書いてある。

運転手に行き先を伝えてルート上であればそこで降ろしてくれる。

 

 

帰りは帰宅ラッシュと観光帰りの人でどのジプニーもミニバンも人でパンパン。

 

 

ラッキーなことに歩いていると目の前でちょうど行きたい方向のミニバンから人が降りてきたからすかさず乗せてもらう。

 

 

宿のあるパラニャケまで16ペソ。

 

 

その日は疲れたので寝た。

 

フィリピン マニラ

 

      【フィリピン マニラ トンド地区

 

 

 

ちなみに現在3カ国目カンボジアよりお届け中・・・

 

 

サボりすぎた。

 

 

 

 

 

フィリピンに到着してから特にこれといってやることがなかった。

 

 

 

周りの友人たちはフィリピンと言えば夜の遊びと言っていた。

自分自身もそれはよく知っていた。

 

 

でも今回のたびはそんなことに予算を費やしている場合ではない。(本当はイキタイ)

 

 

 

 

だからほとんど夜に行動していない。(本当は逝きたい)

 

 

 

 

いきなりですが、フィリピンに来て行きたかった所ベスト3

 

 

 

1.東南アジア最大のスラム「マニラ トンド地区」

2.フィリピンの避暑地「バギオ」

3.スペイン統制時代の町並みが残る「ビガン」

 

 

結果から言うと1のトンド地区のみ行けた。

 

 

 

理由は途中で事情が変わり、「現地で英会話をすることになったため」

 

 

 

現地人と英語で楽しくお酒を飲む機会があった。

同じ宿の女性20歳が一緒に行こうと誘ってくれた。

 

 

喋れなかった。聞き取れなかった。悔しかった。

 

 

 

英語力5%ではさすがにきつかった。

 

 

 

 

これを後日宿主さんに話したところ、うちでも英会話教えているとのこと。

 

 

 

悩みに悩んだ結果、バギオ、ビガンをあきらめ、

英会話をすることにした。

料金は

全10日間、宿泊、3食手料理付き、クーラー付き部屋、毎日英語の基礎からと英会話4時間

トータル32,000円

安いと思う。たぶん

f:id:daitoshota0712:20170515030244j:plain

 

結果

気持ちだけはでかくなってた。

実際に実践してみないとわかんない。

たぶんそんなに成長してない。

無駄でした。

でも後悔はしてない。

理由ないけど自信がついた

 

 

できれば本格的な語学留学のが絶対にオススメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局行けたのはトンドだけだったけど、そこがまためちゃくちゃ濃かった。

 

 

トンド地区はフィリピンの首都マニラの西側一帯に位置していて別名「スモーキーマウンテン」とも呼ばれる地区。

 

 

BTSタユマン駅からジプニーの運転手にスモーキーマウンテンまでって言えば近くで降ろしてくれた。

 

 

マーケットとか住宅とか普通にあるところから突然 ここ?って感じで現れる。

 

 

名前の由来は、溜まりに溜まったごみが乾燥などによって自然発火してしまい、それによって発生した煙を例えてスモーキーマウンテンと呼ぶらしい。

 

 

簡単に言うと、トンド地区の中のごみ山地帯のこと。

 

 

f:id:daitoshota0712:20170515031450j:plain

f:id:daitoshota0712:20170515031700j:plain

f:id:daitoshota0712:20170515031833j:plain

f:id:daitoshota0712:20170515032015j:plain

f:id:daitoshota0712:20170515032228j:plain

 

 

 

率直な感想としては

「みんな楽しそう」だった。

 

 

写真を見てもそうだけど、みんなすごくいい笑顔なんだよね。

 

 

お金くれなんて言われないし。

 

 

行く前のイメージではものすごく暗くて、危なくて、苦しみに耐えている。

そんなイメージだった。

 

 

でも良い意味で覆された。

 

 

 

スラムがよく川沿いにできるのは、生活用水を直に引っ張ってこれるかららしい。

あと、川の上に住むは税金がかからないから。

電気は電気料金を払っている電線の途中から勝手につなげて盗んでるところもあるらしい。よくケンカになるんだと。

 

 

学校も、周囲の人からかき集めたお金で建てて、ただでいけるらしい。

 

 

ただ、夜は本当に危ないから地元民でも絶対に近づいちゃダメらしい。

冷やかしの気持ちで行くのももってのほか。

 

僕自身最初はそんな気持ちもあったのかもしれない。

 

半分は興味本位だったから。

 

だけど必死で暮らしている人を馬鹿になんてしてはいけないと改めて気づかされた。

 

だからあんなに笑えるんだなあと。

 

 

 

フィリピンの都会では急速な成長を遂げていて、大きなショッピングモールや、あちこちに建設中の建物が並んでたけど、やっぱり裏はまったく供給が届いていないのが現状なんだなと感じた。 

 

f:id:daitoshota0712:20170428203304j:plain

 

 

うまく口では言い表せられないけど、とてもいい経験をした。

 

 

 

 

 

次はフィリピンのその他の出来事

 

旅立ちの日

 

  

・空は晴れ、桜満開の季節f:id:daitoshota0712:20170503171028j:plain

 

 

 

PM20:15の飛行機に乗るため、PM18:00ごろ空港に到着。

まずはチケットを発行してもらうため、予約した航空会社の受付カウンターへ。

 

 

手荷物の重さを計り、パスポートを確認し、すんなり、、、

 

 

ん?

 

 

お姉さん、なんか困ってる。

 

 

「フィリピンから出国の予約はされてますか?」

 

(してないです)

 

「それがないとフィリピンのイミグレで止められて入国できないです。」

 

 

 

 

 

あせる俺。

出発時間も後1時間。。

どうしよう。

 

 

 

・途方にくれる人

f:id:daitoshota0712:20170503172958j:plain

 

すると、

「こちらでお取りしますが。」

 

(おねしゃす)

 

即答です。

 

 

ということでこの時点でフィリピンからの出国日と国を決めないといけなくなる。

 

次はクアラルンプールに行きたかったけど、便がないと言われ、あえなく次の国は4月27日からバンコクに決定。

 

 

やっぱり思ってた金額より割高になるし、予定狂うし

 

 

もっと時間に余裕をもっていけてたらこんなことにはならなかったのでは、と後悔。

 

 

背に腹は代えられん。

 

 

 

 

手荷物の重量はかるときも。

 

規定では持込荷物の重量は7kgまでなんだけど、8.9kgあった。(たぶん軽いほうだと思う)

 

 

これ以上重量を増やさないように。

と念を押されただけで済んだ。

 

 

ラッキーなのか? 

みんなそうなのか?

 よくわかんないけど追加料金とか一切なしでokだった。

 

 

 

いやー。いろいろとご迷惑をおかけしました。

 

 

 

まあとりあえずチケットを発行してもらえたのでグー!

f:id:daitoshota0712:20170503173802j:plain

 

・手荷物検査

 

 

 

ちなみにここでペットボトルに入れた洗濯用洗剤500mlと10徳を没収される。くそっ!!!

 

 

 

完全に下調べミス!

てか無知すぎる!!

 

 

 

まあそんなこんなありまして何とか搭乗して出発 。

 

 

 

 

約3時間半くらいでフィリピン到着。

 

 

 

f:id:daitoshota0712:20170513204444j:plain

・マニラの空港を出て目の前のバスやらタクシーやら待つところ

 

 

 

いやーわかってはいたけど暑いね。

 

 

 

確かこの日が25度。

 

 

 

 

到着したのが23時40分ごろで宿まで距離がったので、宿主(日本人)に空港まで迎えに来てもらいそのまま就寝。ちなみに

 

・迎えに来てもらうのが450ペソ

・宿が170ペソ

 

 

大体の為替が 2円=1ペソ

 

 

ん?迎えに来てもらう代高くね?

 

 

 

同じ宿には女性一人と男性一人の様子

f:id:daitoshota0712:20170513210153j:plain

 

とりあえず今日は寝るか。

 

 

 

 

と思ったが蚊が以上に多い。

部屋の中にも外にも。

 

 

逃げ場を失う。

 

 

 

 

寝れない。

初日にして部屋を変えてもらう。

 

 

 

 

「ここは蚊がいない部屋だから」

 

 

f:id:daitoshota0712:20170513210650j:plain

確かにいな・・・

 

 

数匹いる。

でもさっきの部屋の数百倍マシ。

 

 

 

 

 

ということでぐっすり寝た。

 

 

 

 

 

 

明日からはやっとフィリピン散策に行きます。 

 

 

 

 

いざ準備 いざ出発

        「準備!飲み!準備!飲み」

 

 

とりあえずの持ち物は用意した。

https://www.instagram.com/p/BQvYKYng3i3/ https://www.instagram.com/p/BSrEFlAAfDx/

・バックパックと水筒

 

次に考えたのは、最初の国はどこにするか。

 

ちなみに、予算は5年間働いてためたお金と車を売ってできたお金、合わせて170万円。(少なっ!!)

内、準備資金で10万くらい使ったから資金は160万円。(心細すぎる、、、)

 

で、パッと思いついたのがフィリピンだった。

 

理由はひとつ「安い」から。

 

航空券から宿、物価まですべて日本と比べると格段に安い。

 

ただひとつ引っかかったのが、島国ということ。

次の移動も飛行機のため、予算のない僕には大きな出費になる。

 

ほかの候補の国としては、韓国、香港、中国だった。

 

めちゃくちゃ悩んだ。

 

旅のルートがまったく変わってくるから。

ルートが変わると出費が変わる。

ルートが変わると出会いも変わる。

 

一カ国目は慎重に選びたかった。慎重に。。

 

ちなみに左回り(アジアから)を選んだけど、右回り(アメリカや南米から)のルートは選択肢になかった。

時差の関係と、旅に慣れるため。

 

 

本当にそこからでいいのか。

そこに行く目的は?

そこになにがあるの?

何のために行くの?

そもそもなんで世界一周するの?

仕事やめてまですることなの?

 

 

いろんな人に聞かれたし、自分でも考えた。

 

 

理由なんてなかった。

行きたい。いろんなものを見て、触れて、体験して、

たくさんの人と出会いたい。

ただそれだけだった。

 

 

 

 

結局最初の国はパッと思いついたフィリピンにした。(ひらめき大事!)

 

 

いろいろ考える中でフィリピンでの語学留学も考えた。

 

 

これもむちゃくちゃ悩んだ。 

英語が話せたら出会いも広がるし、行動範囲も広がると思うから。。

 

ただ、予算の関係で断念。

 

何とかなるだろう精神。←一番だめなやつ

 

 

 

そうと決まれば航空券の予約と宿の予約!!

 

 

3月半ば。

セントレアを4月10日 20時15分発の便で 23時35分フィリピンはマニラ着予定の片道航空券を確保!ついでに宿も確保。一泊170ペソ日本円で400円ほど。安っ!

とりあえず3泊だけ予約。気に入れば延長することもでき、3泊なら嫌でも我慢できるので。

 

ってことで準備ほぼほぼ完了!

 

 

もーわくわくとどきどきがとまらないとはこのこと!

 

 

あとは細かいものを準備しながら4月10日を待つのみ!

 

 

 

 

の前に! 

 

4月1日から10日まで初めてのニート生活を満喫!

 

飲みに行って、飲みに行って、飲みに行って、、、

飲んでばっか!

 

 

f:id:daitoshota0712:20170503035015j:plain

f:id:daitoshota0712:20170503034240j:plain

f:id:daitoshota0712:20170503034706j:plain

f:id:daitoshota0712:20170503034120j:plain

 

 大切な仲間たち!!

 

行ってらっしゃい会という名目で集まってくれました。

普通にうれしい。

ちょっと行きたくなくなったのは内緒。

 

 

 

ということで、やっとのこと出発!!!

 

 

 

 

行きたいところに行きたいときに。

やりたいことをやりたいように。

踏み出したんなら最後まで!

 

 

 

~続く~

世界一周 一人旅 始まりのはじまり

ショウタ 27歳 B型  職業:旅人

世界一周をはじめるにあたって自分の旅の記録としてブログを始める。

気が向いたら更新していきます。

よろしくお願いします。

           「きっかけと準備と」

 

 2017年3月末で22歳から5年間働いた会社を退職し、あるきっかけから夢見た『世界一周の旅』に出る。

 

 きっかけとなったのは、大学4年の時、卒業旅行で行ったタイ一人旅。

元々、海外には興味がなく、日本語以外一生使わないと思っていた。

だから英語の授業なんかもテストができたらいいかな、程度で済ませていた。

しかしそのタイ一人旅に魅了されてしまうことになる。

 

 

某私立大学を4年と半年で卒業して、無事、地元の中小企業に就職をしたが、世界一周にいきたいと思う気持ちは強くなるばかりだった。

就職してから年に一度、国外、国内問わず一人旅した。友人とも予定が合う度に旅行をした。

 

北海道、沖縄、台湾に一人旅。

韓国、四国、京都、岐阜、三重etc(そんなになかった。。。)

 

そのたびに人との出会いはほんとに面白くて、出会い次第でその旅行も面白くなくなってしまったりするものだと感じた。

 この、「出会い」が世界に出たいという気持ちをより一層強くさせ、27歳になった時(就職してから5年後)、まだ同じ気持ちなら会社を辞め、旅に出ようと決意した。

 

2017年2月28日

 旅に出ることを決意。会社に退職願を出す。

決意したはいいけど、何から手をつけたらいいのかまったくわからない。

何かしら準備しなければと思い、とりあえずバックパックを買う。

 

バックパックはGREGORY スタウト45 決め手は値段と色。本来は機能性とか収納、防犯などを優先したほうがいいと思うが、浮かれていた僕は完全に方向性を間違う。

 

実際はなかなか使い心地いいと思う。できればジッパータイプのバッグの方が防犯の面でだいぶ安心。

 

 

 それから何をどれくらいどんな風に持っていくかをネット先生で調べ、ないもの、足りないものを順番に用意していく。

 

 

 買い足したもの

  • バックパック GREGORY スタウト45 約17,500円
  • パスポート 書き換え 16,000円
  • インドビザ 7,500円(本当はも少し安いと思う)
  • PC パナソニック 約65,000円(中古)
  • 携帯充電器1個 約3,000円
  • 半ズボン1枚 約2,000円
  • ウルトラライトダウン1着 約4,000円
  • 長袖パーカー1着 約4,000円
  • 海外用変換プラグ 約1,500円
  • 南京錠、固形石鹸、洗濯ロープなどの細かいもの。

 

 

 元々あって持っていくもの、友達にもらったもの

  • タオル 2枚
  • スポーツタオル 1枚
  • Tシャツ 3枚
  • 長ズボン 1枚
  • 靴下 2足
  • ヒートテック上 2枚 下 1枚
  • 蛸足延長コード
  • ハイドロフラスク(水筒)
  • 歯ブラシ
  • ひげそり
  • 正露丸
  • サブバック(へたれているので旅先で買い換えたい)
  • 一眼レフ NIKON D5300
  • 機器系の充電器
  • 5ペソ
  • 5ドル
  • お守り
  • 10徳 ナイフとかドライバーとか付いてるやつ(ナイフ類機内持ち込み一切禁止のため空港で没収される)
  • 洗濯洗剤(液体持込100ml以上禁止のため空港で没収される)

 

 

たぶん3月中に用意、確認したのはこれくらい。

 

準備と平行して1カ国目をどこにするか決める。

 

 

 

~続く~